膝下の埋没毛の原因と対処方法

膝下の埋没毛の原因

1番脱毛で、メジャーな場所が膝下ですが、膝下は1番脱毛し易く、簡単な方法で脱毛をしがちです。
特に自己処理においての、剃刀の処理は誰しも一度は行っている方法ですが、実はこの剃刀は、埋没毛の原因になります。

まず、剃刀は刃先がついており、刃先において、膝下の毛を刈りますが、毛を刈るだけでなく、肌も一緒に削られているために、キメが乱れます。
また、毛より肌の修復スピードが早いので、剃刀の脱毛後に埋没毛が増えます。
なので、なるだけ剃刀以外の方法で、脱毛を行う必要があります。
剃刀以外の方法としては、脱毛クリームや脱毛ワックスを行う方もいらっしゃいます。
脱毛クリームや脱毛ワックスは、毛根から処理が出来ますし、値段も安価な為、剃刀同様行う方が多い方法です。

しかし、脱毛クリームや脱毛ワックスは、広範囲を一度に処理出来るので、便利な方法ですが、肌のトラブルがある際は、余計に悪化してしまう可能性があり、注意が必要です。
また、剃刀同様1番安価に出来るのが毛抜きですが、剃刀よりは綺麗に脱毛処理が出来ますが、こちらは、黒ずみや毛穴が詰まる可能性があり、注意が必要です。
自己処理において、1番綺麗に処理出来るのが家庭用脱毛器ですが、数万円からと高額な為、中々手に入れるのは困難です。

自己処理より、エステサロンや美容外科や美容皮膚科にお願いしよう!

自己処理は、手軽で安価に出来ますが、お肌の事を考えると、エステサロンでの光脱毛か美容外科や美容皮膚科での医療レーザーを行うのが綺麗な肌が保てます。
また、近年は脱毛ブームなので、価格競争がおきて、昔に比べて安価で施術が行えたり、キャンペーンが行われる事も増えてきました。

価格比較サイトや、口コミもネットなどで検索が出来ますので、参考にしつつ施術場所を選択する必要があります。施術内容も異なるので参考になります。
また、エステサロンや美容外科や美容皮膚科は、高額と思われがちですが、発毛抑制や脱毛の手間を考えると安価だったりします。

また、自分では判らない肌の仕組みや自分に合う脱毛方法で施術してくれます。
近年では施術保証制度を導入している所もあり、価格も大事ですが、施術保証制度の確認も行う必要があります。

施術後にトラブルが起こった場合は、施術場所の相談室に相談するだけでなく、応じてくれない場合は、皮膚科や消費者センターに相談する事をオススメします。

Filed under: 足のムダ毛処理 — article007 12:41 AM