足のムダ毛処理でカミソリ負けをしない対策法

足のムダ毛処理は、処理頻度も高く処理範囲も広いために使用しやすいカミソリを使っている人は多いです。
と、同時にカミソリを使用して足がカミソリ負けをした経験がある人も少なくありません。
カミソリ負けはつまり肌を深く傷つけていることになります。
これが何度も続けば、次第に肌はボロボロになって改善することすら難しくなってしまうので、事前にカミソリ負けを対策しておくことはとても重要ですよね。

ではカミソリ負けをしないためにはどうするべきなのでしょうか?
まずはカミソリ負けをしないためには、気を付けるべき点が多々ありますのでそれをご紹介してきます。

対策1:カミソリは風呂場に置きっぱなしにしない。
風呂場に置きっぱなしにすることによって、新しいカミソリだとしても刃が痛みやすくなっています。刃が傷むことで、切れ味が悪くなりカミソリ負けを引き起こします。

対策2:カミソリの刃は新しいものを。そして清潔に保管する。
今お使いのカミソリはどれくらい使用していますか?1か月以上使用している場合には、新しいものに取り替えることをおすすめします。
カミソリの刃が悪くなるほど切れ味が悪く、カミソリ負けの原因を作ります。また、乾燥した状態で清潔に保管をしておかないと雑菌が増えて、肌を傷つけた部分から肌トラブルを起こすことにもなります。

対策3:蒸しタオルと冷やしタオルを用意しておく
毛穴が閉じた状態で肌に刃を当てることによって、肌への負担はより大きなものになりカミソリ負けの原因を作ります。
蒸しタオルで処理部分を温めて毛穴を広げてから処理をし、処理後は冷やしタオルで毛穴を閉じてあげることによって肌への負担を極力抑えることができるのです。

対策4:毛の流れに沿って処理する
毛の流れに逆らって処理をすることで、毛穴を無駄に開かせてしまいカミソリ負けをする可能性が高くなります。
出来るだけ毛の流れに沿って処理をすることが大切です。

対策5:保湿剤でアフターケアを行う
カミソリで処理した後は、一緒に角質がはがれています。そうすると、水分が抜けて肌が乾燥し結果的にカミソリ負けをしたようになりかねません。
なので、水分を十分に補給できるように処理した部分にはたっぷり保湿剤を使用してあげましょう。

カミソリは非常に便利ですが、カミソリ負けも起こしやすいです。
出来るだけ新しいものを清潔に使用して、ケアをしっかり行うことでカミソリ負けのリスクを減らし、きれいな肌を保つことができるのでぜひ対策を試してみてくださいね。

Filed under: 足のムダ毛処理 — article007 12:46 AM