膝下が毛深いけど、オススメの脱毛方法は?

膝下は、脱毛しやすい?

脱毛グッズは、多々ありますが、脱毛しやすい箇所といえば、膝下なのではないでしょうか。
膝下は、通年通して露出する箇所なので、気をつかいたいものですが、毛深い方だと、頭を傷める箇所です。
以下にオススメの脱毛方法を述べていきます。

膝下は、何故毛深くなる?

膝下は、露出が多いので気にしがちですが、学生服のスカートからは、出ますし、OLなどの制服などでも、膝下を露出したものが多く存在します。
毛深くなるのは、ホルモンの関係もありますし、剃刀や毛抜きなどで、毛穴が開いてしまい、太い毛が生えてきてしまいます。
また、エステサロンでの光脱毛でも、殺菌作用のある光を浴び、毛穴から複数の毛が生えて、多毛になる事もあるようです。
一概に、毛深いと言っても、原因は多々あります。

毛深い方にオススメの脱毛方法は?

身近な脱毛方法といえば、剃刀です。
若い方でも安価に手に入れることが出来るので、剃刀で脱毛をする方も多いようですが、剃刀は刃先が肌にあたるので、毛と一緒に肌を傷めてしまう可能性があり、肌のキメが乱れ、肌荒れの原因や埋没毛の原因になります。
剃刀の次に人気なのが、毛抜きですが、100円均一でも手に入るグッズですが、剃刀より発毛抑制にはなりますが、毛穴が開いてしまったり、毛穴から雑菌が入ってしまったりする為、オススメ出来ません。

自己処理には、脱毛クリームや脱毛ワックスもありますが、こちらは、広範囲を一度に処理出来ますから、便利ですがある程度の長さが必要で、肌が弱い方や肌荒れしている場合は、出来ません。
自己処理でオススメなのが、家庭用脱毛器ですが、数万円からと高額な為、あまりメジャーではないのが現状です。
また、自己処理以外ではエステサロンでの光脱毛ですが、光の種類により肌を刺激してしまい、多毛になる事があるようです。
しかし、光の種類が合えば綺麗に脱毛出来るのでオススメの方法です。
近年では、美容皮膚科や美容外科での医療レーザーが人気ですが、こちらは高額ですが、綺麗に脱毛出来、人気です。

まとめ

結局、毛深い方にオススメの方法は、自己処理なら家庭用脱毛器で、それ以外なら医療レーザーです。
特に医療レーザーなら、カウンセリング時に自分にあった脱毛方法を選択出来ますし、保証制度も充実しています。
近年では、脱毛ブームで、モニター価格やお試し価格を打ち出している所も多い為、自分にあった医療レーザーで脱毛を行う事をオススメします。

ただし、一時的にムダ毛を無くしたい場合は脱毛クリームという手段もあります。
最も効果があるメンズ脱毛クリームは?口コミを検証してみた

Filed under: 足のムダ毛処理 — article007 12:38 AM

足のムダ毛処理によって出来る色素沈着

自分で足のムダ毛処理を続けていると、足の色素沈着が気になる人も多いです。
この色素沈着の原因は一体何なのでしょうか?
色素沈着は、毛穴の炎症によって起ります。
足のムダ毛を処理する際に、直接脱毛したり粘着テープで強引に脱毛したりすることによって毛穴が炎症を起こし、それが色素沈着になっていくのです。
色素沈着は、次第に酸化して黒ずみへと変化していってしまうのです。
一旦できてしまった色素沈着は簡単には改善することができません。
肌の代謝機能を促進させるスキンケアと肌管理が重要で、色素沈着がひどい場合には皮膚科やエステでの処方が必要になってくる場合もあるのです。

こういった色素沈着を起こしにくくするためにはどうしたらいいのでしょうか?
それももちろん毛穴の炎症を起こさせないということが重要です。
そのために大切なことがプレケアとアフターケアです。

まずプレケア。
プレケアとは、処理をする前に行っておきたいことです。
これをするかしないかだけで、かなり毛穴の炎症を抑えることができます。
プレケアで重要なことは、まず肌を清潔にすることです。
肌が汚い状態で行うと、毛穴に汚れが入りこみやすくなってしまい毛穴の炎症につながってきます。
なので、お風呂上りが一番ですがそうでない場合には処理する部分にだけシャワーをあてて汚れを洗い流すようにしましょう。
お風呂あがりの場合は大丈夫ですが、シャワーのみの場合には蒸しタオルで毛穴をしっかりと開くように、処理部分に蒸しタオルをあてます。
さらに、保湿剤またはシェービングローションなどを塗って、肌が乾燥している状態、乾燥していなくても何も塗っていない状態でムダ毛処理を行うようにしないということが大切です。

続いてアフターケアについて。
アフターケアは、ムダ毛処理後に行うものです。
どんな方法でムダ毛処理を行った場合にも必ず行うようにしてください。
アフターケアでは、化粧水をしみこませたコットンやティッシュでパックしてあげるようにします。
足は範囲が広くて大変かもしれませんが、これを行うことによって傷つけた肌に水分を入れてあげるだけではなく、炎症を起こしている毛穴を冷却してあげることで炎症を抑えるという効果も期待できます。
100円均一のコットンなどでOKなので、それでやってみてください。
この際化粧水に限らず、抑毛剤を含んだローションを使用すれば毛が生えにくくなるので、次回のムダ毛処理は間をあけて行うことができます。

この2つのケアを毎回しっかりと行うことによって色素沈着を防ぐことができます。

更に、出来てしまった色素沈着のケアとしてはビタミンCを塗ってあげることが大切です。
炎症性の色素沈着にはビタミンCが効果的なので、アフターケアの際に塗ってあげるように塗ってあげましょう。

色素沈着は一度できてしまうとなかなか改善が難しいので、事前の対策をしっかりと行ってみてくださいね。

Filed under: 足のムダ毛処理 — article007 12:47 AM

除毛クリームで足のムダ毛をツルツルに。

処理をする頻度も高く、処理をする範囲も広いから気になる足のムダ毛処理。
特に、春からは露出頻度も高くなるからこそ結構気になります。
出来ればムダ毛だけではなく肌もツルツルになるような処理方法があればいいですよね。
足のムダ毛処理をする時に気になるのが、処理後の黒いボツボツです。
様々な処理方法がある中で、出来るだけ手軽できれいに処理するには何を使用するのがいいのでしょうか?

今回おすすめしたいのは除毛クリームです。
事前のパッチテストは必須ですが、これさえOKであればとてもおすすめです。
除毛クリームは、アルカリ性の成分が含まれており、タンパク質である毛を引きちぎるようなイメージです。
拭き取るまたは洗い流すことで、表面にある毛をきれいに処理することができるのが特徴です。
そのため、足のように処理範囲が広い部分には最適な処理方法とも言えます。
肌に優しい成分を含んだ商品も増えてきているので、肌が弱くて心配という人でも使えるものも増えてきました。

そもそも足のムダ毛処理で気になるボツボツの原因は、ムダ毛処理による炎症を起こしていることです。
無理に引き抜く、肌にダメージを与えるということで毛穴が炎症を起こしてしまいます。
毛抜きで抜く方法や、清潔でないカミソリやシェーバーを使用する方法をとっている人はこういった炎症を起こしやすいのです。
ボツボツをなくすためには、炎症が起きないような処理方法を選ぶということが大切です、

もちろん、今回おすすめしている除毛クリームも他の方法比べると炎症は起こしにくいですが、よりトラブルを起こしにくくするためにケアは必須です。
除毛クリームで処理し、肌をきれいにした後には冷たいタオルで一度冷やすことがおすすめです。
そんなに気にならなくても肌が炎症を起こして、その後ボツボツになってしまうということもあります。
そのため、除毛後炎症をしずめるために冷やしタオルで処理部分を冷やしてあげましょう。
その後はしっかりと保湿剤を塗ることもポイントです。
除毛クリームでももちろん肌には負担がかかっています。
肌が傷つくとそこから水分が抜けて、乾燥しやすい肌になってしまうのでしっかりと保湿してあげることによって乾燥を防ぐことができるのです。

更にお風呂上り血行がよく、毛穴が開いている状態で行うことによっても肌への負担を減らすことができるので、そういった点に気を付けながらぜひ除毛クリームを試してみてくださいね。

Filed under: 足のムダ毛処理 — article007 12:47 AM

足のムダ毛処理でカミソリ負けをしない対策法

足のムダ毛処理は、処理頻度も高く処理範囲も広いために使用しやすいカミソリを使っている人は多いです。
と、同時にカミソリを使用して足がカミソリ負けをした経験がある人も少なくありません。
カミソリ負けはつまり肌を深く傷つけていることになります。
これが何度も続けば、次第に肌はボロボロになって改善することすら難しくなってしまうので、事前にカミソリ負けを対策しておくことはとても重要ですよね。

ではカミソリ負けをしないためにはどうするべきなのでしょうか?
まずはカミソリ負けをしないためには、気を付けるべき点が多々ありますのでそれをご紹介してきます。

対策1:カミソリは風呂場に置きっぱなしにしない。
風呂場に置きっぱなしにすることによって、新しいカミソリだとしても刃が痛みやすくなっています。刃が傷むことで、切れ味が悪くなりカミソリ負けを引き起こします。

対策2:カミソリの刃は新しいものを。そして清潔に保管する。
今お使いのカミソリはどれくらい使用していますか?1か月以上使用している場合には、新しいものに取り替えることをおすすめします。
カミソリの刃が悪くなるほど切れ味が悪く、カミソリ負けの原因を作ります。また、乾燥した状態で清潔に保管をしておかないと雑菌が増えて、肌を傷つけた部分から肌トラブルを起こすことにもなります。

対策3:蒸しタオルと冷やしタオルを用意しておく
毛穴が閉じた状態で肌に刃を当てることによって、肌への負担はより大きなものになりカミソリ負けの原因を作ります。
蒸しタオルで処理部分を温めて毛穴を広げてから処理をし、処理後は冷やしタオルで毛穴を閉じてあげることによって肌への負担を極力抑えることができるのです。

対策4:毛の流れに沿って処理する
毛の流れに逆らって処理をすることで、毛穴を無駄に開かせてしまいカミソリ負けをする可能性が高くなります。
出来るだけ毛の流れに沿って処理をすることが大切です。

対策5:保湿剤でアフターケアを行う
カミソリで処理した後は、一緒に角質がはがれています。そうすると、水分が抜けて肌が乾燥し結果的にカミソリ負けをしたようになりかねません。
なので、水分を十分に補給できるように処理した部分にはたっぷり保湿剤を使用してあげましょう。

カミソリは非常に便利ですが、カミソリ負けも起こしやすいです。
出来るだけ新しいものを清潔に使用して、ケアをしっかり行うことでカミソリ負けのリスクを減らし、きれいな肌を保つことができるのでぜひ対策を試してみてくださいね。

Filed under: 足のムダ毛処理 — article007 12:46 AM

足のムダ毛は電気シェーバーで処理をする!

服が軽装になればなるほど、足のムダ毛は気になるもの。
足のムダ毛処理は、他の部分に比べても処理頻度が高い部分ですよね。
脱毛サロンなどで脱毛を行っていればそれに越したことはありませんが、自己処理の場合処理頻度が高い分、普段の処理で起きる肌への負担は結構心配なものです。
色々な処理方法がありますが、その中でも肌への負担が少ないものとして人気なのが電気シェーバーです。

電気シェーバーでの足のムダ毛処理のメリットはどういったものなのでしょうか?
そもそも電気シェーバーは、肌に刃が直接当たらない設計になっているので、同じ剃るという行為でも肌荒れの心配が少ないのが特徴です。
肌当たりも非常に優しいです。
また刃先もそこまで鋭くないので、肌を傷つける可能性も少ない上に処理範囲を一気に処理することができるので、足のように広い部分の処理には最適な特徴をもっているのです。

電気シェーバーはいつでもどこでも気づいた時に出来るというところもひとつのメリットです。
自宅だけではなく、外出先でも処理できるようなコンパクトなタイプもあるので長期旅行に行く場合にも使用できるのです。

ただやはりデメリットもあり、肌表面の毛を剃るタイプなので毛はすぐに生えてきます。
そのため、毛の処理頻度は高くなってしまうことは間違いありません。
毛の処理が面倒だな、と感じている人にはあまり向いていないかもしれません。
またカミソリに比べると、剃った断面が広いのでボツボツとした剃り跡が気になるという人もいます。
よりボツボツを解消するためには、お風呂上りなど毛穴が開いているタイミングで使用することがおすすめです。
浅剃りが特徴的な電気シェーバーでも毛穴が開いていることで比較的深い部分まで剃ることができますし、その後毛穴が閉じればボツボツもそんなに気になりませんよ。
赤いボツボツが出来ている場合には、冷やしタオルなどでしっかり冷やせば跡はそんなに気になりません。

より肌への負担が少ない電気シェーバーを選ぶためには、いくつかポイントもあります。
まずは電気シェーバーで足だけを処理するのか、それとも全身対応するものにするのかというところです。
せっかくなら全身対応!という場合には、コードレスタイプでかつ1台ですべての部分を処理できるというタイプを選ぶことをおすすめします。
なかには、部位ごとにアタッチメントを取り替えなければいけないという場合もあるので面倒という方はそうでないものを選びましょう。
また、お風呂で使用したい場合には防水仕様を。お風呂で使用しなくても、防水仕様であれば丸洗いが出来て清潔に使用でき、肌トラブルも抑えることができます。

ぜひ使用方法に気を付けながら、便利な電気シェーバーを使用してみてくださいね。

Filed under: 足のムダ毛処理 — article007 12:46 AM

すぐ生える足のムダ毛の処理の仕方

女性は誰しもムダ毛処理を行っていると思いますが、どの部分が一番処理頻度が高いでしょうか?
個人差もありますが、足や脇、腕はかなり処理頻度は高いはずです。
特に冬が終わり、春になると露出する部分が増えてくるので、足はきれいにしておきたい場所ですよね。

ですが、足のムダ毛処理においての悩みとしては、自己処理によって足に黒いぽつぽつが出てきたり、埋没毛が増えてきたりなど悩みも多いはず。
こういった悩みを減らすために出来るムダ毛処理の仕方はあるのでしょうか?
もちろん一番は脱毛サロンなどに行ってプロにお願いすることです。
一番肌に負担が少ない方法で、かつきれいに処理をしてくれますし肌のケアもしてくれるので間違いありません。

ですが、脱毛サロンに行く費用も時間もないという人は少なくありません。
だからこそ、自己処理のおけるムダ毛処理の悩みが多いのですが・・・・

自己処理で肌への負担を少なく、かつきれいに仕上げる処理方法はどういったものなのでしょうか?
今回は一番使用している人が多い、カミソリを使用することを基本にご紹介します。

まず用意するものとしては、
・蒸しタオル
・シェービングローションまたはシェービングジェル
・カミソリ(出来るだけ新しく切れ味がいいもの)
・保湿剤
・冷やしタオル
です。
蒸しタオルは、タオルを水で濡らしレンジでチンで作ることができますよ。

まず蒸しタオルで処理する部分を十分に蒸らして、毛穴を広げます。
(お風呂上りであれば尚効果的です。)
次に、シェービングローションまたはジェルをまんべんなく塗り、毛の生えている方向に沿って剃ります。
新しく切れ味がいいカミソリであればこれでOKですが、剃り残りが気になる場所があればそこだけ逆剃りをします。
処理が終わったら保湿剤で処理部分をケアします。
赤いぽつぽつが残ったり、肌が荒れたりした場合のみ冷やしタオルで冷やします。
これでOKです。
普段行っている処理とほぼ同じ工程かまたはプラスアルファをするだけで、肌への負担を極力抑えることができるのです。

特に足は処理頻度が高く、処理面積も広いために肌のダメージを受けると目立ちますし、改善しなければどんどん肌はボロボロになってしまいます。
だからこそ、自分で処理を行う場合にはある程度気を付けなければいけないのです。
お金をためて脱毛サロンで処理をしてもらう予定、と思ってい人でも普段の処理で肌がボロボロの状態だと毛はなくなっても肌はボロボロということも考えられます。
さすがにそこまでは脱毛サロンでは改善できなくなってしまうので、普段のケアはとても重要なのですよ。

ぜひご紹介したことを参考に、きれいに足のムダ毛処理を行ってみてくださいね。

Filed under: 足のムダ毛処理 — article007 12:45 AM

膝下の無駄毛処理の方法として、オススメなのは?

1番処理し易い膝下の無駄毛

美容ブームの中、脱毛に気をつかう女性も増えてきました。
脱毛の箇所として1番処理し易い箇所は、膝下です。
1番露出をする箇所ですし、通年処理をしている方が多いようです。

膝下の無駄毛処理の方法

自己処理

膝下の無駄毛処理として、1番メジャーなのが、シェーピングです。

クリームと一体化の物や、二枚刃から5枚刃のもの、電動の物など、スーパーから家電屋さんまで、多くのお店で入手でき、1番リーズナブルな方法ですが、シェーピングは、刃先が肌を痛めやすく、肌のキメが乱れ、乾燥してしまう事が多々あります。
なので、シェーピング後は保湿する必要があります。

自己処理で2番目にメジャーなのが、毛抜きですが、毛抜きは100円均一でも、手に入りますが、脱毛後に毛穴が詰まってしまったり、赤くなる事もあり、注意が必要です。
自己処理で3番目にメジャーなのが、脱毛クリームや脱毛ワックスです。
広範囲を一度に処理する事が出来、シェーピングより、発毛速度が遅れますし、脱毛クリームは、薬局などで手軽に手に入れれます。

脱毛ワックスは、通販などで購入出来、近年ではそのまま使えるタイプの物も販売されています。
しかし、ある程度の長さがないと、脱毛処理が不可だったり、肌荒れを起こしてる際は、使用ができなかったりします。

他には、家庭用脱毛器がありますが、前述の方法より、確実に処理が出来ますが、高額な事が多い為、あまり浸透してないようです。

エステサロンや美容外科、美容皮膚科での処理

近年においては、エステサロンや美容外科、美容皮膚科などにおいて脱毛する方が増加傾向にあります。

エステサロンでの施術は、光脱毛が多く採用されており、脱毛後に肌が綺麗になる方が多いようです。
美容外科や美容皮膚科などでの施術は、医療レーザーで、光脱毛より確実に処理が出来ますから、近年医療レーザーで処理をする方が多いようです。

しかし、まだまだエステサロンや美容外科、美容皮膚科での脱毛は高額な為、皆が気軽に施術は出来ないのが現実です。

膝下の無駄毛処理でオススメなのは?

膝下の無駄毛処理でオススメなのは、やはりエステサロンや美容外科、美容皮膚科での施術だと思います。

きちんと肌の状態を把握して行いますから、危険も少ないようですし、保証制度がしっかりしている所が多いようです。

しかし、肌荒れをしていたり、妊産婦や授乳中、生理前後はお断りされる事もあるようですから、施術前に確認を取る必要があります。

Filed under: 足のムダ毛処理 — article007 12:44 AM

膝下の黒いブツブツは何?

膝下は、無駄毛のメジャー?

私達にとって、無駄毛は切っても切れない関係があります。
無駄毛の中においてメジャーな箇所といえば膝下ではないでしょうか。
思春期を迎えると、無駄毛も気になり始めますが、膝下は制服のスカートから見えやすく、気を使いたい箇所であります。

膝下の自己処理No.1は剃刀?

膝下の自己処理No.1は、剃刀です。

思春期の女の子は、お金があまりありませんし、薬局や薬店、スーパーやバラエティーショップなどで、手に入れやすい剃刀で処理をしがちですが、実際剃刀で処理をすると、無駄毛だけでなく、肌の表面も剃ってしまい、キメが乱れるだけでなく、埋没毛の原因になりますし、埋没毛が埋まって黒いポツポツになります。

剃刀以外には毛抜きで行う方が多いようですが、毛抜きは脱毛した後に菌や汚れが付着しやすく、毛穴が開く事が多々あり、こちらも紫外線により黒ずみが出来たりします。
他には、脱毛クリームや脱毛ワックスですが、こちらは広範囲を一度に処理が出来ますが、ある程度の長さを要しますし、短い毛は処理が出来ず残りがちです。
1番確実に処理ができるのは、家庭用脱毛器ですが、こちらは高額な為、中々手を出すのは難しい所です。

膝下処理は、医療レーザーか光脱毛がオススメ!

昨今は、脱毛ブームなので、膝下処理においてもエステサロンや美容外科、美容皮膚科などにお願いする方が増えてきました。

手軽に自己処理において、剃刀や毛抜きなどで、埋没毛が埋まって黒いポツポツができた場合には、エステサロンや美容外科、美容皮膚科においてお願いするのが良いと思います。
自己処理で、余計に剃刀や毛抜きて行うと、余計に埋没毛が埋まってしまいますし、肌を傷めてしまいます。

美容外科や美容皮膚科での医療レーザー、エステサロンでの光脱毛だと、皮膚にも働きかけますから、埋没毛にも対応が可能です。
また、エステサロンなどでは、18歳以上では保護者の同意書があれば、施術可能なところも増えてきました。

近年は、年配の方のエステサロンや美容外科、美容皮膚科の利用が増加傾向にありますが、同意書や親御さん同伴で施術する方も多いようです。
また、近年では、キャンペーンやモニター価格で施術してくれたり、保証制度も充実している所が多いですから、比較しつつ、選択してみる必要があります。
なるだけ、脱毛をする際はお肌のことも考え、綺麗に処理ができる方法がもっと身近になればと願うばかりです。

Filed under: 足のムダ毛処理 — article007 12:43 AM

膝下の黒ずみ。原因と対策は?

綺麗な脚は素敵。

近年は、美脚ブームです。
芸能人においても、綺麗な脚の方が沢山いらっしゃいますし、一般人においても、ホットパンツやミニスカートで綺麗な脚を露出してる方が多く見受けられます。

綺麗な脚は、女性らしさも増しますし、先方に良い印象を与えますが、脚は脱毛に気を取られてしまい、中々黒ずみまで気が回らないのが現状です。

以下に膝下の黒ずみの原因と対策について述べていきます。

膝下の黒ずみの原因と対策は?

我々が入浴時に行うのが、ナイロンタオルや垢すりタオルでの洗浄ですが、ナイロンタオルや垢すりは、皮脂を落とすだけでなく、皮膚を痛めてしまいます。

その痛めた皮膚に、紫外線を浴びせるとメラニンが吸収され、黒ずみが出来てしまいます。
なるだけ、入浴時は素手か柔らかいタオルを使用し、肌を包み込むように洗う必要がありますし、なるだけ肌と同じ弱酸性の商品を使用する必要があります。

また、紫外線に吸収されると黒ずみの元になりますから、紫外線予防の為に、UVケアを行い、ロングスカートやズボンを履くなどし、露出を避ける必要があります。

また、肌を傷めると黒ずみの元になりますから、肌を痛めないように保湿をする必要があります。
肌を清潔に保つ事は必要ですが、肌を痛めないようにする事が、黒ずみ対策と言えます。
また、膝下脱毛で人気の剃刀も、脱毛が出来る便利なアイテムですが、一緒に肌を痛めてしまい、埋没毛や黒ずみの原因になりますから、なるだけ剃刀での脱毛は避けた方が良さそうです。

膝下の黒ずみが出来てしまった場合は?

膝下の黒ずみは、意外と目立ちます。
最近では、綺麗な肌に見えるストッキングが市販されていますから、膝下ファッションを好む方は、美肌に見えるストッキングを着用する事をオススメします。
それ以外の方法としては、美容外科や美容皮膚科での黒ずみ除去ですが、黒ずみ除去は、膝下脱毛と一緒に行う方が多いようです。

最近では、黒ずみ対策として、パイナップル豆乳ローションが販売されており、黒ずみだけでなく、美白や美肌、抑毛効果が期待されるアイテムですから、手軽に行いたい方には、オススメの方法です。
美顔や脱毛には気をつかいますが、膝下の黒ずみまでは気が回らない方が未だ未だ多いように感じます。

綺麗な肌の方は周りにも良い印象を与えますし、若々しさや女らしさも増しますから、自分に自信が持てます。

Filed under: 足のムダ毛処理 — article007 12:42 AM

膝下の埋没毛の原因と対処方法

膝下の埋没毛の原因

1番脱毛で、メジャーな場所が膝下ですが、膝下は1番脱毛し易く、簡単な方法で脱毛をしがちです。
特に自己処理においての、剃刀の処理は誰しも一度は行っている方法ですが、実はこの剃刀は、埋没毛の原因になります。

まず、剃刀は刃先がついており、刃先において、膝下の毛を刈りますが、毛を刈るだけでなく、肌も一緒に削られているために、キメが乱れます。
また、毛より肌の修復スピードが早いので、剃刀の脱毛後に埋没毛が増えます。
なので、なるだけ剃刀以外の方法で、脱毛を行う必要があります。
剃刀以外の方法としては、脱毛クリームや脱毛ワックスを行う方もいらっしゃいます。
脱毛クリームや脱毛ワックスは、毛根から処理が出来ますし、値段も安価な為、剃刀同様行う方が多い方法です。

しかし、脱毛クリームや脱毛ワックスは、広範囲を一度に処理出来るので、便利な方法ですが、肌のトラブルがある際は、余計に悪化してしまう可能性があり、注意が必要です。
また、剃刀同様1番安価に出来るのが毛抜きですが、剃刀よりは綺麗に脱毛処理が出来ますが、こちらは、黒ずみや毛穴が詰まる可能性があり、注意が必要です。
自己処理において、1番綺麗に処理出来るのが家庭用脱毛器ですが、数万円からと高額な為、中々手に入れるのは困難です。

自己処理より、エステサロンや美容外科や美容皮膚科にお願いしよう!

自己処理は、手軽で安価に出来ますが、お肌の事を考えると、エステサロンでの光脱毛か美容外科や美容皮膚科での医療レーザーを行うのが綺麗な肌が保てます。
また、近年は脱毛ブームなので、価格競争がおきて、昔に比べて安価で施術が行えたり、キャンペーンが行われる事も増えてきました。

価格比較サイトや、口コミもネットなどで検索が出来ますので、参考にしつつ施術場所を選択する必要があります。施術内容も異なるので参考になります。
また、エステサロンや美容外科や美容皮膚科は、高額と思われがちですが、発毛抑制や脱毛の手間を考えると安価だったりします。

また、自分では判らない肌の仕組みや自分に合う脱毛方法で施術してくれます。
近年では施術保証制度を導入している所もあり、価格も大事ですが、施術保証制度の確認も行う必要があります。

施術後にトラブルが起こった場合は、施術場所の相談室に相談するだけでなく、応じてくれない場合は、皮膚科や消費者センターに相談する事をオススメします。

Filed under: 足のムダ毛処理 — article007 12:41 AM